スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
お知らせ
ひっこし!!!
[http://andromeda.b7m.net/]
またキキに名前戻ります。
21:26 | - | comments(5) | trackbacks(0)
ラビット病/山田詠美
この本めちゃすきなんです。「ろーばちゃん」「ゆーりちゃん」て呼びあってるのがすごいかわいい。餃子のことをロバちゃんの耳っていうゆりがかわいくてしかたない。2人のキャラが個性的ですきです。
20:35 | - | comments(0) | trackbacks(0)
憧れのまほうつかい/さくらももこ
何か本を買おうと思って、なんとなく手にとって、なんとなくレジへ行って、なんとなく買ってみた本。まほうつかいのはなしかと思ってみたら、全然違いました(あほ)ル・カインの絵の挿絵と、さくらももこさんの挿絵がいくつもあって、全部すてき。話は体験談といった形で、ル・カインにあこがれるさくらももこ、ル・カインの世界を求めてロンドンを旅する話が載っています。面白い話もたくさん。コタツでお茶でも飲みながら読みたくなる本
13:58 | - | comments(1) | trackbacks(0)
ハリーポッターと賢者の石/J.K.ローリング
あたしがハリーポッターシリーズを読み出したのは、はやりだしていっときたったころ。きっかけは親が知り合いから借りてきて、あたしに読んでみるようにいってきたからなんだけど...面白いね。5巻が出た今でも時々読み返してみてる。一回よんだだけじゃ、そのおもしろさがわかんないです。もうあわせて10回くらい読み返したかも。やっぱり意外な最後は最初読んだとき、ドキドキしましたよ!うん。たぶんこんなにくわしく楽しい魔法の世界がかいてある本ってあんましないよ。はまりにはまっちゃう。
21:15 | - | comments(0) | trackbacks(0)
ハリーポッターとアズカバンの囚人/J.K.ローリング
新しい登場人物の出番のおかげで、話が奥深くなっていってる。ハーマイオニーがマルフォイをぶん殴るところがすき。「よしきたー!」って思った。最近ハリーポッターは正義が勝つってかんじの話で平凡という人もいるけどあたしはこういう話すき。それに奥深くなっていく話の内容が、どんどん解明されていって、すごい楽しめる。
20:43 | - | comments(0) | trackbacks(2)
ホリー・ガーデン/江國 香織
この話はあたしには経験したことのないような思い、そのきもちわかる!とかが混ざってて面白かったていうより自分が人生経験豊富になった気がした。こんな日々つれづれな本があたしは好きだし、なんだか読み飽きない気がする。あたしも定期的に日にちを決めてクラス会がしたい!!あたしは果歩ぐらいの年になったら、どんな仕事して、どんな恋して、どんな生活送ってるんだろう...
20:41 | - | comments(0) | trackbacks(0)
世界の中心で、愛をさけぶ/片山恭一
感動するお話。切なくてじーんときて話の後半から泣きっぱなしだった。主人公と年が近いことにびっくり...!アキの死に対する考えが暖かくてすごくよくて素敵だった。クライマックスのアキが倒れるシーンはえっ!短い!て思ったけど、臨場感あふれるて感じで切なくてわーわー泣いた。映画もみてみたいよ。
20:39 | - | comments(0) | trackbacks(0)
西の魔女が死んだ/梨木 香歩
この話はすごい好き。おばあちゃんのすてきな庭がすごい想像できて心に残ってる。最後のほうはおばあちゃんの溢れ出す愛情がひしひしと伝わってきて涙が止まらなかった。収録してある「渡りの一日」も爽やかー!で好き。人間の死について、考えさせられる本。読んだ後の気分がここまでいい本ってあんましないんじゃないかと思った。
20:36 | - | comments(0) | trackbacks(0)
ハリーポッターと不死鳥の騎士団絖/J.K.ローリング
読み終わったあと一言「暗ーい...」だった。ごもそれなりにどよーんってしてたけど...なんか以前までのハリーポッターシリーズと違うのは、明るさとか話のリズム感が少ないと思った。ショックな場面多いよ。コレ。でもその分話奥深くなって最後まで話がつながっていくんだなぁと...とにかく読んだ後悲しいです。それと話の途中の、アンブリッジに対するムカムカですな。でもなんか、原書は結構雰囲気違うらしいです。辞書ひきながらでも読んでみようかな?
20:18 | - | comments(0) | trackbacks(0)
m(__)m
ごめんなさい!何も書かないままずっと放置しちゃってました!!!9月からここちゃんと書き始めようかと思います!
18:14 | - | comments(0) | trackbacks(0)